トップページ
会社案内
SPF豚
基本方針
商品案内
お問合せ
リンク
 



厳しい基準をクリアした認定農場で生産されるから

SPF豚(Specific Pathogen Free)とは
「生産性を妨げる特定病原菌のいない豚」のことです。
日本SPF豚協会認定農場より、安心と高品質な種豚を
お届けします。
我々は原々種豚の帝王切開による作出手術から、
皆様のお口に入る豚肉の親(種豚)生産を担っております。

徹底した防疫コントロールが行われているから

世界的に豚複合呼吸器病(PRDC)による経済性の悪化が伝えられ、
その被害の大きさが認識されるようになりました。
豚複合呼吸器病からあなたの農場を守るためにも、衛生レベルの
高いSPF種豚を選択することがポイントとなります。

我々はSPF豚の既定を遵守し、SPF豚認定農場にて認定規則を遵守(厳守)し安心・安全な
豚の生産を行っております。                                       特に農場への特定病原菌の侵入を防ぐため必要以外のものは農場に入れない細心の注意を払っております。やむなく入場させるトラック、物品の 運搬、場内の人間も厳重な防疫設備を介してのみ入場を 許可しております。 なお、一般の方は場内へ入れません。


また、年2回以上獣医師によるヘルスチェックを実施しGGP、
GP農場はもちろんCM農場においても検査体制を徹底しております。

Top