トップページ
会社案内
SPF豚
基本方針
商品案内
お問合せ
リンク
 





防疫体制                          外部との遮断システムは2ゲートシステム。             必要以外のものは農場に持ち込まない。           侵入させません!!
車両消毒システム(薬液消毒)                 入場者記録(部外者は原則として入場不可)     豚の移動は全て屋根付き(野鳥の排泄物対策)                              豚舎周辺の定期的な石灰散布消毒              鼠対策(ガルバーリウム平板張、金網張)
殺菌灯照射(場内持込機材等)
紙袋飼料小・中型物品の過酸化水素熱煙霧

システム
弊社独自の生産管理システムにて個体ごとの管理
 

バイオセキュリティ
主に農場の感染経路の遮断に重点を置かれておりますが、
弊社はこれらを遵守することはもとより、弊社独自のプログラムを追加しております
(今、認識されている感染経路の遮断のみでは、感染は防御できない)
1.農場の防疫対策に加え施設、ロット(ステージ)、別の感染経路遮断対策も実施
2.実施(運用)するのは、生産従事者(社員)であり、その教育に重点をおいております
 HACCP原則、トレーサビリティ・システムの認識
3.感染経路の遮断対策のみならず、感染防御能力を最大限に発揮させる飼育環境対策
4.個体識別により履歴が明確になっています

社員教育                                                                                        定期的な場内全体会議の施行
社内研究発表会 セミナー等の出席

定期検査
獣医師による定期的な衛生検査と豚の健康管理評価を実施します
臨床観察・血清学的検査・微生物学的検査・病理学的検査を実施します

販売豚の予防対策(ワクチネーション等)
1.豚APPワクチンの2回接種済の豚
2.グレーサー2価ワクチン2回接種済の豚
3.マイコプラズマワクチン2回接種済の豚
4.豚丹毒ワクチン接種済の豚
5.肺サーコウィルス2型感染症ワクチン摂種済豚
6.内・外寄生虫駆除済豚                                         7.レンサ球菌症ワクチン摂種豚
8.ニーズにより協議し追加することがあります


遺伝的改良
社内改良とお客様のニーズに対応すべく、弊社の種豚は日々遺伝的改良を行っております。


                        当サイトの画像及びコンテンツの無断使用を禁じます。

Top